早めの治療で白ニキビの悪化を防ぐ【皮膚科で行うことが有効】

どこに行けば良いのか

病院

探す時のコツ

巻き爪を治すためには、どこに行けば良いのかわからないという人も多いでしょう。その場合はとりあえず皮膚科を受診してみると良いです。ただ、東京には巻き爪の治療できる皮膚科はたくさんありますし、さらにやり方もさまざまです。そこでそれぞれの治療の特徴を頭に入れて、東京にあるどの巻き爪の治療院に行けば良いのかを決める時の参考にしておきたいものです。まず、軽度の巻き爪であれば、東京にある皮膚科では、巻いている部分を少しカットするといった方法を選択する場合が多いです。普段爪を切るよりも若干深爪になる程度なので、痛みはほとんどないですし、その日のうちに帰って、いつも通りの生活ができます。かなり症状が進行してしまった場合は、巻き爪の両サイドを根元から切り取ってしまいます。局所麻酔を行うので、術中は痛みを感じることはないものの、新しい爪が生えてくるまでは、生活に多少の影響が出るのは避けられません。ただし、こちらの方法のメリットは、高確率で巻き爪が完治する点で、確実に治したいなら検討しておきたいです。それよりももう少し症状が軽く、治療の際の痛みも少ない方が良いなら、特殊な薬を塗る東京の皮膚科に行きましょう。爪の根元に塗って組織を破壊して、その後はワイヤーやプラスチックなどを使い、巻いてる爪を広げます。爪に穴を開けるのですが、基本的には伸びた部分に行うため、痛みはほぼないです。しかし、爪を切る方法よりも、再発率は高くなります。